不安症(不安神経症、全般性不安障害)ってどんな病気?

 

神経症の一種で「不安」を主症状とします。

 

生きていれば誰にでも不安はありますが、

はっきりとした理由が無く、

いつまでも続く病的な不安が

様々な身体症状を伴って現れます。

 

最近では『全般性不安障害』と呼ばれています。

 

 

なにが原因で起こるの?

 

何らかの精神的なショックや心配事、

悩みやストレスなど

精神的原因と思われる出来事が原因で

起こることもあります。

 

しかし、精神的原因がまったくない場合でも

起こることがあります。

 

さらに過労、睡眠不足、風邪ひきなど

一般的な身体的悪条件がきっかけで

発症することもあります。

 

日常生活上の様々なストレスを背景に、

いつのまにか発症している方が多いのです。

 

不安神経症は

もともと神経質で不安を持ちやすい性格の方に多く、

患者数は女性が男性の2倍以上だといわれています。

 

 

どんな症状?

 

慢性的な不安、過敏、緊張、落ち着かない、

イライラ、集中困難などの精神症状と、筋肉の緊張、

首や肩のコリ、頭痛・頭重、震え、動悸、

息苦しさ、めまい、頻尿、下痢、疲れやすい、

不眠(寝つきが悪い、途中で目が覚める、)などの

多様な身体症状がみられます。

 

なにかにつけて、過度の不安・心配がつきまとい、

慢性的に続くのが特徴です。

不安は様々な精神・身体症状を伴います。

 

多くの方は身体症状の方を強く自覚されるため

体の異常を疑い、病院で診察や検査を受けますが

症状の原因になるような身体疾患は見つかりません。

 

放っておくと日常生活のストレスから、

症状の改善や悪化を繰り返しながら

そのまま「うつ病」に移行したり、

お酒で不安をまぎらわそうとして

アルコール依存症に陥るリスクが高まります。

 

 

*不安症(不安神経症・全般性不安障害)は

不安からくる心の病気です。

 「気の持ちよう」などと考えずに、

心理療法でしっかりケアしましょう。

 また、周囲の方の理解も

症状の改善のために必要です。

 

 

サクッと読めて、

ちょっとホッコリな

言葉のお薬です。

 

毎日配信・無料メールマガジン

『ココロに効く今日のひと言』

 

ご注意!

Gメールやヤフーメールのアドレスで

ご登録ください。

スマホのアドレスでは届かない場合が

ございます。

 

*2017年 1月1日より、

解説動画も一緒にお届けしています

ご興味がおありな方は下のサンプル動画を

ご覧ください。

 

(解説動画はコチラからご覧ください)

お問合せ

*ご注意ください!

井手耕心への直通電話の番号が

変わりました。

 

代表直通 :

080-5762-1827

 

カウンセリング中の場合、

電話に出れないことが

ございます

 

留守番電話に

お名前やお電話番号を

お伝えください

 

後ほどこちらから折り返し

ご連絡させていただきます

 

*業者さまへ*

営業の電話は、

カウンセリングの妨げに

なります。

 

直接の営業電話は

絶対にご遠慮ください。

 

営業時間

年中無休・24時間営業

カウンセリングについて…

 

*前日までに、

 ご予約手続きが

   完了されている方に限ります

 

*ご予約は先着順のため、

 ご希望に添えない場合も

   ございます

 

*投薬中や飲酒をされてる      方へのカウンセリングは

   お断りする場合が

   ございます。

アクセス

530-0047

大阪市北区西天満4-15-18

プラザ梅新1215号室

梅田のカウンセラーブログ

1分で読める!心が軽くなる!

 

大阪・梅田の

心理カウンセラーブログです

 

楽になるヒントがココに!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

  『1日1分で心を軽く!